AAR T1G 製作 #01

AAR T1G 製作 #01

?キョウハナニ エッ(゚Д゚≡゚Д゚)エッ!ナニツクルノ?急遽、MFHさんのEagle T1Gを製作開始!All American Racers(AAR)と言うレーシングチームが、1966年にコンストラクター名をAnglo-American Racers(AAR)としてF1へ参戦… 翌1967年、第3戦ベルギーGPで初優勝したマシンのマルチメディアキット、それもフルディテールです。箱を開けるとパーツが整然と並べられていますが、こう言う所からして某社との違いが見受けられます。フルディテールだけあ...

AAR T1G 製作 #02

AAR T1G 製作 #02

?キョウハナニ エッ(゚Д゚≡゚Д゚)エッ!ナニツクルノ?苦行のようなリベットの掘り下げがやっと終わりました。リベットなので本当は凸ですが、この数にリベットを打つとなると¥がいくらあっても…モノコックのメタルパーツが大きくポリッシュ仕上げなので、3Mさんのラジアル・ブリッスルディスク6種を使いモーターツールで磨きましたが…うぅ〜ん、イマイチの質感。。。試しにバレル研磨機で磨いてみると、このサイズでも磨けました。ディスクに3時間ほ...

AAR T1G 製作 #03

AAR T1G 製作 #03

?キョウハナニ エッ(゚Д゚≡゚Д゚)エッ!ナニツクルノ?メタルパーツをポリッシュ仕上げと塗装パーツに仕分けバレル研磨機で磨きます。ポリッシュ仕上げには液体コンパウンドに光沢剤を混入右が液体コンパウンドのみ、左が液体コンパウンド+光沢剤を混ぜバレル研磨機で磨きました。画像では分かりづらいですが実物は光沢の違いがはっきりしています。仮組を進めながら同色塗装パーツは組める所まで接着本日はココマデ |*´∀`)ノシ))< マタネェ-!!(○>Д...

AAR T1G 製作 #04

AAR T1G 製作 #04

?キョウハナニ エッ(゚Д゚≡゚Д゚)エッ!ナニツクルノ?引き続きT1Gの仮組を進めていますが、こんなバリでも足回りを組めない位シビアです。ダボ穴を深掘りしたくらいで他には調整なしでここまで精密なパーツが組み上がるMFHさんの品質の高さに驚きます。何も調整せずにトーもキャンバーも車高も桶です。一般に葉巻型と呼ばれるこの年代のマルチメディアキットを組むのは初めてですが、いつもと作業工程を変えないといけないような気がします…ある程度...

AAR T1G 製作 #05

AAR T1G 製作 #05

?キョウハナニ エッ(゚Д゚≡゚Д゚)エッ!ナニツクルノ?リア部分の仮組に入ります。エンジン側壁パーツに隙間が開きます。エンジンを仮組、シャーシにマウントすると隙間が…組間違いを疑い細部まで確認しましたが、製品に問題があるようです。画像赤丸部の凸をカットして更に削り込みやっとエンジンマウント部の隙間が無くなりました。でも、カウルを装着すると見えなくなるディテールが非常に残念です。本日はココマデ |*´∀`)ノシ))< マタネェ-!!(○>Д...

AAR T1G 製作 #06

AAR T1G 製作 #06

?キョウハナニ エッ(゚Д゚≡゚Д゚)エッ!ナニツクルノ?リア周りも仮組しました。ギアボックスや足回りは特に問題はありません。排気管だけはしっかりすり合わせないと出口支持パーツと合いません。洋白線で支持ロッドを表現するようインストにカット長が指示されていますが、現物合わせが良いと思います。私の組方が悪いのか、インストの指示長さだと全ての箇所で短いです。ほぼ全ての仮組が終わりましたので、アセトンに一晩メタルパーツを浸けて瞬...

AAR T1G 製作 #07

AAR T1G 製作 #07

?キョウハナニ エッ(゚Д゚≡゚Д゚)エッ!ナニツクルノ?ポリッシュ仕上げのメタルパーツを仕分け小さなパーツはバレル研磨機で磨き、大きなパーツは3Mさんの『ラジアル・ブリッスルディスク』を使いモーターツールで研磨パーツを仕分け中欠品が!スタジオ27さんの製品では良くある事なので購入後すぐに検品するのですが、MFHさんの製品では初めてです。MFHさんのインストはパーツの一覧が無いので確認が面倒なのもありますが、信用した私が...

AAR T1G 製作 #07+

AAR T1G 製作 #07+

?キョウハナニ エッ(゚Д゚≡゚Д゚)エッ!ナニツクルノ?前回話した欠品パーツですが、週変わりになってもMFHさんから返信が無いので再度メールをすると…土曜日に発送してくれたとの返信が来ました。そして郵便が届きましたが切手がw丁重なお詫びとパッケージ。これがスタジオ27さんなら『無い』で話が終わる所ですが、MFHさんやAMCさんの商品価格はスタジオ27さんと比べると確かに高いです。しかし、製品のクオリティやアフターを考える...

AAR T1G 製作 #08

AAR T1G 製作 #08

?キョウハナニ エッ(゚Д゚≡゚Д゚)エッ!ナニツクルノ?完成後ケースに固定するため、モノコック底板のシートで隠れる部分に2.2mmドリルで穴を開けM2のナットをハンダ溶接。レジン製のカウルには多数のリベットモールド凹がある。塗装で埋まらないように0.5mmドリルで掘り下げ、マルチプライマー→プラサフを吹く。スーパーアシレックススカイ細目(K-600)でサンディングして面を出します。ココでリベット表現を実車同様凸にしようと考え、全ての凹モ...

AAR T1G 製作 #09

AAR T1G 製作 #09

?キョウハナニ エッ(゚Д゚≡゚Д゚)エッ!ナニツクルノ?カウルを先行しないと内部が作れないので塗装します。ファンデーションブルー塗布後、インストの指定色では暗く感じたのでオートモデリングに指定色とされていたフィニッシャーズさんのスパークリングブルーをハンドピースで吹き付け…明るすぎる、、、 明らかに違います。太陽の下を爆音で走り去るイメージでインスト指定より少しだけ明るい感じで再度吹き付けバルケッタさんのメタリックブルー...