リジェ JS43 製作 #02

0 0
JS43 1/20 FS-MODEL【Fin】

?キョウハナニ エッ(゚Д゚≡゚Д゚)エッ!ナニツクルノ?


今回はお友達がF1ガレキ製作未経験とのことですので、いつもならブログに載せない細かい作業まで記載して行きます。
※自己流ですのでプロの方や熟練のモデラーさんから見たら『はぁ?』って思われる事も多いと思いますが、素人モデラーですのでご容赦頂けると幸いです。

F1ガレキ製作に慣れている方や興味が無い方は読み飛ばして下さい。


まずはレジンパーツの離型剤を剥離します。
専用の溶剤やブレーキクリーナーを使用される方もいらっしゃいますが、私はレックさんのセスキの激落ちくん泡タイプを使用

20181013204441cd4.jpeg



レジンパーツを放置している間にメタルパーツの整形

切削粉がでるのでツールレビューでも紹介している集塵機を横にして使用、マスクと防塵メガネも!

2018101320475983b.jpeg



タイヤもパーティングラインが目立つので、浦和工業さんのサンディングバンドセットを使いモーターツールでサンディング

201810132051204c3.jpeg



放置してあったレジンパーツを水で洗い流します。
いつもなら大丈夫なのですが、まだ離型剤が落ちていないのかヌルヌルします。

仕方がないのでクリームクレンザージフを使い古歯ブラシでこすり洗いしました。

しっかり乾燥させアンダートレイとカウルを合わせネジ位置を確認します。

案の定ネジ穴開口指定箇所5つの内赤丸部の3箇所がズレています。 AMCさんやMFHさんでは滅多にあり得ないことですが某社は信用して開口すると修正するハメに…

20181013210235c27.jpeg



仮穴位置を正しい位置に1.6mmで開口

付属しているネジ長では仮組で何度も脱着するのにネジ山がバカになってしまう恐れがあるので、手持ちの皿木ネジ2.1×10mmに変更

20181013210715cb0.jpeg



車高調整が困難なリア足廻りから仮組します。

リア足廻りのパーツをピックアップ

20181013210836c61.jpeg



インストに疑わしい指示が…
調べてみるとブレーキキャリパーは後側に付くので削る理由が見当たりません。

ただこのイミフの指示で確信しました。
これってスタジオ27さんの製品では?
考えてみると製品のどこにもリジェとは記載されていませんが、スタジオ27さんのHPで紹介されている制作事例にはリジェ JS43としっかり記載されています。

私個人の見解ですが、著作権の許可無く発売されているのはスタジオ27さんなのでは?

スタジオ27さんの製品ってインストから疑ってかからないと痛い目に合うのが私の中の定説なので今後更に注意しながら製作を進めます。

20181013211727e99.jpeg



ダボで固定するようになっていますが、仮組がやりづらいのでキットの木ネジを使って固定

201810132119207e2.jpeg



ギアボックスもダボでしたが、キットの木ネジで固定

私は強度が必要な箇所は出来るだけネジ留めに変更します。

20181013212021cda.jpeg



後部のディフューザーもダボ固定ですがホワイトメタルのダボでは強度は期待出来ませんので真鍮線に置き換えます。

メタルパーツのダボをそのままカットしてしまうと位置が分かりにくくなるので、カット前にダボ周りをマジックで黒く塗ってからカット

20181013212523800.jpeg



そうするとカットしても元のダボ位置が分かりやすく、必要な開口箇所も決めやすくなります。

ちなみに今回は0.6mmの真鍮線に置き換えました。

20181013212802879.jpeg



本日はココマデ |*´∀`)ノシ))< マタネェ-!!


(○>Д<)ノ応援宜しくお願いしますヾ(o´▽`o)ノ))

Please continue your support.
If you want to support, click three banners.

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ

0Comments

Add your comment